IMG_20200812_170417 (1).jpg

活動紹介

「斎庭」の課題

​​様々な経緯で結成された「斎庭」として、取り組むべき課題は多岐にわたりいくつもあります。

 

しかしながら、鎮座される天河神社の弁天様を守り、祀らせていただいている里として、

かつて、人間と自然、山々が一体となり暮らしをしていた「里山」へと復興していくことと、

そして、コロナがきっかけとなり全世界に大きな時代の変化を迎えているなか、

一人でも多くの方がこの自然豊かな氣あふれるこの里で、

心の平安を感じていただきたい、そう願い、

第一弾として「船岡山」を中心とした斎庭づくりを行うことにしました。

【斎庭活動第一弾】

四季を感じる里山を取り戻したい!
里山整備と300本植樹プロジェクト

%E6%A4%8D%E6%A8%B9%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%

天河神社境内より西側には神社の神宮寺と称される来迎院本堂や

空海がお手植えしたとされる樹齢1200年超の大銀杏の木の背部に鎮まりますのが「船岡山」です。

この山には御祭神“建御雷神”をお祀りしている「船岡神社(聖天社)」もあり、古よりこの坪内の里を

​御守りいただいてる山の一つであります。

この山の地権者の先達が各々の想いもこめて、ヒノキを中心に植樹した山ではありますが、

近年の林業の状況も相重なり残念ながら手入れがいきとどかなくなってしまい、

その結果として倒壊の可能性もでてくる危険木も発生。

地元住民の家に隣接しているお山でもあり、山の地権者の方々の賛同を得て、

平成27年に危険木を中心に船岡山の一部を伐採いたしました。

IMG_20200812_170417 (1).jpg

しかしながら、木々がなくなった山肌では山にも、弁天さんをはじめこの里の神さまにも、

そして遠路はるばるきてくださる天河神社の参詣客の方にも申し訳ないと、

「斎庭」代表の西岡氏が一人で、伐採した後の船岡山に紅葉を植樹。

仕事を終えたあとの限られた時間のなかでの植樹活動。

その数、計363本。

植樹から約5年が経ち、少しずつ大きくなってきている中、2020年「斎庭」が結成され

山の地権者の方々との交渉も行い、船岡山全体を紅葉で植樹しなおし、

​参詣客の皆さまにも景観がより美しくなった坪内の里をお楽しみいただきたいと思っております。

PB090056.JPG

船岡山を紅葉の山へ

01

地権者との交渉

02

伐採・運び出し

03

植樹

04

​下刈り等

IMG_20200824_112659.jpg

01

​地権者との交渉~伐採に向けての費用の算出

​(2020年6月~2020年8月 作業完了)​​

「船岡山」は数名が地権者として所有している山であります。今回伐採を検討している木々も地権者の先達が各々の想いをもって植樹された大切な木々であります。その土地、木々を「斎庭」に託していただき伐採させていただくにあたり、数回にもわたり交渉を重ねてまいりました結果、全地権者の皆さまの合意を得ることができました。地権者の方、そして、先達の想いを無下にせぬよう心誓うと共に、伐採にむけての費用の見積算出のため木々の毎木調査を行いました。

732147_m.jpg

02

​伐採~運び出し

​(2021年秋 予定)

​今回は船岡山の神社に面している東側を中心に、面積にして1ヘクタール約800本のヒノキ、杉を伐採します。本数の多さだけでなく、太さ約100cm以上を超える巨木もあり、作業日数も約半年かけ、大変神経をつかう大作業を想定しています。伐採した木はヘリコプターで山から搬出し、製材所まで運搬していきます。
→搬出した木々の一部は地区内にある天の川温泉のバイオマス燃料として使っていきます。(バイオマス事業については、一般社団法人天川村フォレストパワー協議会を参照ください)

IMG_20200824_172423.jpg

03

​植樹

(2021年秋~2022年春 予定)

伐採後の跡地に植樹を行います。
​植樹する時期は春頃が根がつきやすいため、3月頃を予定しています。自然界では淘汰される苗木(実生苗)を採取して、畑で大きく育てて、植樹していきます。

IMG_20200812_173714 (1).jpg

04

​雑草の下刈り

​(木が一人前に成長するまでの間約10年間毎年)

植樹は植えて終わりではなく、親が子を育てるように、ある程度一人前になるまでの間生育の補助を行わないといけません。植樹した木も、しっかりと大きく成長していくためには、「水」と「太陽の光」がかかせません。しっかりとその土に根を張り、しっかりと根から水を吸い上げられるように、そして、太陽の光に木々の葉がうけられるように、植樹した木の周辺の雑草などをこまめに下刈りしていきます。

PB090056.JPG

秋には黄金の色に染まる

​ことを夢見て

今回植樹する広葉樹は枝葉が大きく広がるため光が大きくはいり、全体的に明るい印象になります。春から初夏にかけては鮮やかな新緑が、秋には様々に色づく紅葉が目を楽しませてくれたり、四季折々の季節の美しさが心を和ましてくれるでしょう。

IMG_20200830_115823.jpg

弥山にある天河神社の

奥宮の遥拝所を

この山頂からは天河神社を中心に坪内の里全体を見渡すことができます。そして、弥山にある天河神社の奥宮に向いているため、この地からも奥宮を遥拝していただければ辨天様もお悦びいただけるのではないかと思っています。

PXL_20201105_054709776_2.jpg

​自然の山を感じていただけるように散策路も整備

山を整備して歩けるようにすることで、木漏れ日のさす山の森の小径をゆっくり歩いていただくこともでき、樹木からテルペン系のフィトンチッドという芳香により、清々しい気持ちにリフレッシュさせ、心に活力をえられます。

第一弾として「船岡山」を中心に取り組みますが、最終的には坪内の里を囲む山々に1000本の紅葉を植樹していき、

彩あふれる美しい山の景観にしていきたいと考えています。​

斎庭の活動をご支援ください

支援する

郵便振替への振込にて寄付を受付しております。

「斎庭」の実現に向けて、今後とも持続的な活動を可能にするために、どうか温かいご支援をお願い申し上げます。

​お問合せ

​「斎庭」の活動につきまして、ご不明な点やご興味がある方など何かございましたらお気軽にお問合せください。

IMG_20200808_110459.jpg